gizumo2016の日記

日々の生活を書いています。彼と2人暮らし。

これまでについて〜入院編〜

 続きです。

 

 地元では有名な精神病院に1か月ほど入院することが決まりました。

最初の頃はかなり荒れていて、談話室の椅子を投げ飛ばしたり、死のうとしたり(部屋には自殺できるようなものは一切持ちこめないけど)。

 

 でもしばらくしたら落ち着いてきて、看護師さんや同じ患者さんと楽しく話したり、卓球したりできるようになりました。

 

 差し入れでもらった本を読んだり、お昼寝したり、適量のご飯を食べて部屋で筋トレしたり。

 

 それでも辛いことはたくさんあったのですが、乗り切れたのは毎日彼氏が面会に来てくれたからです。

 

 地元の広告代理店に勤めていたときにお付き合いを始めた今の彼が、お昼休みを使って毎日30分のおしゃべりと手紙を書いてくれました。

私も毎日手紙を書きました。

 

 1日の中の大切な30分でした。

かけがえのない30分。

 

 1か月の入院生活が終わり、やっと自由になりました。

 

 だけど、また入院することになりました。

ここも記憶が曖昧なのですが、多分また自殺しようとしたんだと思います。

(辛い記憶は消されてる気がする・・・)

 

 今度は2か月間でした。

前よりももっと辛い期間でした。

幻覚が見える患者さんに喧嘩をふっかけられたり、同世代の子がいなかったり。

母があんまりお見舞いに来てくれなかったことも辛かった。

母はこんな私と向き合うのが怖かったんだと思います。

 

 だけど彼は前と変わらず来てくれました。

お昼ご飯も食べずに、疲れているのに。

雨の日も、どんなに寒い日もバイクを飛ばして来てくれたんです。

彼が休みの日で時間があるときは、院内を散歩してホットコーヒーを飲んだりして。

 

 だんだん元気が出てきて、死にたい気持ちも無くなって、ダイエットも始めました。病院食を少し減らしてもらって、自由時間には機械を使ってエクササイズしたり、毎日寝る前にストレッチと腹筋・背筋を100回ずつしたり。

 

 カウンセリングも始めました。担当の方がいい方でいつも話し終わった後は頭の中がスッキリとしました。(今は時間がなく通っていませんが、また必要になったら行きたいです)

 

 外泊も許可されて、クリスマス、お正月と外泊して彼と一緒に過ごしました。

お正月に一緒に紅白を観て、初詣に行ったのはいい思い出です。

人がいっぱいで気分が悪くなったのですが、頑張っておみくじを引いたら大吉でした!

とても幸せでした。

 

 退院できたのは1月の末です。

退院してからすぐに同棲を始めました。

 

 私にとっては、みんなが普通にできることが普通じゃない。好きな人、仲良い人と一緒にご飯を食べて、テレビを観て、遊んで、それが大きな幸せなんです。

今こうして「生きたい」って思えてるのも幸せ。

 

 8月からは訓練校にも通えてるし、仕事も決まったし、遠回りしたけどやっと社会復帰できたかなって思います。

 

 本当に彼と家族と友達、周囲の人々に感謝です。

それと私を支えてくれていた音楽にも。

 

 

星野源さんの地獄でなぜ悪い

ただ地獄を進む者が 悲しい記憶に勝つ

 

という歌詞を信じて生きてます!

 

今年は良いことばっかりでした!(まだ2か月あるけど)

きっと来年も良い年になる!というかする!笑

 

 今、友達が昔の私みたいな状況にあるんです。

友達はこのブログの存在を知らないけど、この前電話で話したことがうまく伝わっているといいな・・・

 

 私もまた昔みたいにならないって確実には言えないけど、そうならないようにゆるく生きて行くつもりです。

大切な人を大切にすることが今一番大事なことだと思います。

大切な人を悲しませたくないから、私は死なない。