ギズモの失恋日記

私が彼と別れて、立ち直るまでの記録です。

大森靖子さんへの大きな愛

 こんばんは!ギズモです。

MAMPのインストール中です。

重い腰を上げ、ようやく自宅でもwordpressの勉強をしようと思ったのです。

その間に大森靖子さんへの愛を語ろうと思います。

 

 

 私が大森靖子さんの音楽に出会ったのは、大学2年生のとき。

対バンしたバンドの人に「大森靖子さん好きそうだね」って言われて、聞いたことなかった私は、すぐに家に帰ってYoutubeで検索をしました。

 

 最初に聴いたのは、「パーティードレス」でした。

激しいギターと切ない歌。

こんなにも人の心を揺さぶる歌を歌う人がいたのか!と衝撃を受けました。

 

 ちょうどその頃、私のバンドは解散してしまって、これからどうしようというときで、大森さんを観て「一人でもやってみよう」という気持ちになりました。

 

 すぐにアコギを買って、ピックアップもつけて、今までの曲を弾き語りにアレンジしたり、新しく曲を書き始めました。

運良く、私は落ち込んでるときほど曲が書けるタイプなので、どんどん曲はできました。

また、弾き語りでライブに出る機会もたくさん増えてきて、ライブも順調に出来たのです。

ライブに来てくれたお客さんには、「戸川純ぽいね」なんて言われることもあり、光栄でした笑

 

 

 

 そして、就職活動をしていた大学4年生の時。

私はついに大森さんに会うことができたのです。

 

 忘れもしない、渋谷のタワーレコード

私は息抜きに先輩と邦楽コーナーをうろついていました。

「大森さんのDVD出てるな、買おうかな」なんて思いながら。

 

 

 すると、店の隅の方にわずかな人だかりが。

若い女性が多かったような。

 

 

 そこにはファンと握手する大森さんがいらっしゃったのです。

 

 

 なんでもDVD発売を記念して握手会をしていたとのこと。

私がついたときにはすでに終了していて、帰る準備をしているようでした。

 

 

 もう息が止まりそうでした。

あんなに憧れていた人が目の前にいる!!

どうしよう。。

 

 

 先輩に「ダメ元で声かけてくれば?」と言われて、

決死の思いで近づきました。

 

 

「あの、私、就活で出てきてて、大好きで、パーティードレス聴いて好きになって・・・」としどろもどろ、何言ってるかわかんないような話に、

大森さんはウンウン、と頷いてくれました。

 

 そして「じゃあ、これあげるよ」と言って、

缶バッジを3つ私の手のひらに乗せてくれたのです。

 

 

 もう倒れそうでした。

大森さんの笑顔は美しくて、小さくて、でも力強くて。

ああ、これを宝物にして就活頑張ろう、と思いました。

 

 

 

 大森さんは女の子の夢なんです。

ピンク、キティちゃん、ギター、写メ、可愛いものを全部詰め込んで、

その中に黒い感情も入れて混ぜ込んで、でもなんか綺麗なのが大森さんのイメージ。

 

 泣いてもいいし、傷ついてもいいし、

でも生きてていい。そう思えるんです。

 

 

 少しでも大森さんに近づきたい想いで、

昔大森さんがライブしていたという高円寺の無力無善寺というライブハウスでライブしたこともありました。

 

 壁に大森さんの写真やキティちゃんが貼られていて、

なんだか涙が出ました。

 

 

 大森さんはメジャーに行って、お母さんになって、

でも変わらず素敵な歌を歌っていて、なんだか安心します。

 

 私もあんなお母さんになりたい、と強く思います。

 

 

 2回しかライブを観たことがないので、

今の大森さんも観てみたいです。

 

 最後にオススメの大森さんの曲を。

 

www.youtube.com

 

可愛い女の子がたくさん出ているので、元気がもらえます。

 

やっぱ、女の子が元気な世の中じゃなきゃ!

 

 

 

 それでは、インストール完了したので、勉強してきます。