gizumo2016の日記

日々の生活を書いています。彼と2人暮らし。

舟を編む 何かを生み出す仕事の美しさ

 おはようございます!ギズモです。

昨日から私の住む地域もとても寒いです。

足先が凍るんじゃないかと思って、あったか靴下が手放せません。

そして今もカフェオレを飲みながら書いています。

 

 先週は4本映画を観ました。

その中で最も長かったのが「舟を編む」。

 

 今まで松田龍平さんはエキゾチックなイメージだったけど、カルテットといい、この映画といい、おとなしくてクールな役が似合いますね。

 

 簡単に言えば、長い年月をかけて辞書を作るお話。

それも十年以上もかけて。

 

 出来上がってもまた改訂版の製作に励む、そんな日々のお話です。

 

 

 コツコツとした作業が好きな私には、とても心惹かれるものがありました。

言葉を選定する作業とか、ミスがないかをチェックする作業とか。

そこには美しさがあります。

 

 もちろんやってる途中には辛さもあるけど、主人公のマジメさんにとっては

熱中できる最高の仕事だったと思います。

 

 

 

 ここで少し私のやっているコーダーというお仕事の紹介。

はてなをやっている方の中にはwebに詳しい方も多いと思うのですが、

私のやり方をお話します。

 

 まず、デザイナーさんが持ってきたデザインをもとにhtmlやcssphpjQueryなんかを使ってサイトを組み立てていきます。

もちろんpxを測ってできるだけデザイン通りに作るように心がけます。(再現不可能なときもあるけど)

デザインでは表現しきれない、ボタンの動きやアニメーションは直接話し合って決めます。

デザインさんの希望を通したいので、そこはちょっと無理してでもやってみます。

 

 一通りできたら、コーディングのチームで間違いがないかを探します。

チェックシートを使って、それに全部OKが出たらデザインチームに投げます。

そこで、私のチームでは気づかなかった部分の修正をします。

修正しては投げ、修正しては投げ、の繰り返しです。

 

 やっと全てからOKが出たらサーバーにアップし営業さんに報告して完了です。

 

 私はトロいので2営業日はかかります。

初めてやる作業が入ってくると、もっとかかったり。

新人なので基本は納期が長いものを担当しているのですが、

まれに「これ簡単だから1日で!」なんて言われることもあります。

 

 先輩も忙しそうで聞けないし、自分でググりながらなんとかやっています。

本当にわからないときは、できる同期の子に手伝ってもらってやってます。

 

 頭の中がワーってなるときもありますが、私はこの仕事に向いていると感じています。

一つ一つタスクが終わることに喜びを感じるし、思い通りのコーディングができると嬉しいし。

 

 なんといっても、営業時代のように人の機嫌に左右されない!笑

自分の仕事さえしっかりやってれば周りに何も言われないし、

自分が勉強したものが使えると嬉しいです。

 

jQueryなんか特にそう。

あー、これやりたかったことができてるー!って思います。

 

 最近は空いた時間にphpの勉強をしています。

昨日はアップロードした写真をリサイズするものを作りました。

同期の子に手伝ってもらってやりましたが、参考書でも間違ってる部分があるようで、

なかなか苦戦しました。

 

 これが何かの役に立つといいな。

そういう案件こないかなー。

 

 再来週は地元の専門学校主催のweb座談会みたいなものがあるので、それに参加してきます。

プログラマの参加者はいなくてデザイナーや動画編集者が多かったみたいだけど、

友達が作れたらなーという気持ちで参加しようと思います。

 

  webについて「こういう勉強した方がいいよ!」というものがありましたら、ぜひ教えていただけるとありがたいです。

 

 最後は私の仕事の話ばかりになってしまいましたが、

また映画のレビュー書きますね。

 

 それでは!