ギズモの失恋日記

私が彼と別れて、立ち直るまでの記録です。

口紅だけは、ひかなくちゃ。

おはようございます。ギズモです。

朝から残念なお知らせですが、婚約破棄になりました。


不安要素がたくさんあり、しばらくお互い冷静になるために別々に暮らすことにしました。



私は家に残り、彼は実家です。



私から言い出したことなのに、昨日彼が出て行くときは引き止めたくなり、朝起きると寂しさで電話をしてしまいました。



戻ってくるかどうかもわからないと言われました。



心がぐちゃぐちゃで、涙が溢れました。



でも、彼を困らせてはいけないと5分ほどで電話を切り、いつも通り準備をしました。


でも、いつもよりキレイな服を着て、いつもより明るい口紅をひいて、いつもより早い時間に家を出ました。



どんなに苦しくたって、

死んでやるとか、

自傷行為をしていいことにはならないのです。



だって、周りに迷惑がかかるし、

仕事は平日になれば必ずあるし、

私だってきっと後悔をする。



せめてものワガママで、相談をしていた友人に

彼がいなくなって、大切さを思い知った。だけどしばらくは一人で生活して考えてみるね。

時間があるときにライン読んで。

と、メッセージを送りました。



母親には

とても辛い。

とだけ。




どんなに辛くても、大人だから生きていかなくちゃいけない。

しっかりしなくちゃいけない。



いいことは充分味あわせてもらったんだから、

辛いことも噛み締めなきゃいけない。



誰にも頼っちゃいけない。



一人で生きて行く覚悟を決めなきゃいけない。



それが大人なんだ。





私は今まで散々こどもっぽい行動をとってきたんだから、こんなときくらいしっかりと大人の行動をとらなきゃ。



自分を立て直すのは自分しかいない。




どんなに辛くたって、死んじゃいけないんですよ。




もう、そういうのはやめた。




今は時が経つのを待つしかないの。




今日は身体に力が入らないから、せめて口紅だけは落とさないように、何度も引き直そう。



顔色がよく見えるように。




それが私のできる精一杯の強がり。





世の中に苦しんでる皆さま。


私も仲間入りしていいですか?





今日からは自分のために働いて、自分のためにご飯を作って、自分のために家事をして、自分のために寝るんだ。



自分の人生を生きなきゃ。




ここでへこたれてたまるか。



今まで何度も同じ苦しみを味わってきたんだから。



時が経てば、いつか笑い話しになる。




占いなんて当たらない。




信じるのは自分だけ。