ギズモの失恋日記

私が彼と別れて、立ち直るまでの記録です。

焦りは禁物

おはようございます。ギズモです。


昨日彼が帰ってきて、職場まで迎えに来てくれました。


すごくホッとしました。


安心した気持ちになりました。


それから少し話し合いを。



彼のお父さんが病気で、もう長くはないこと。


彼と彼のお兄さんがお母さんをサポートすること。



彼は、変わらずこれからも私に支えてほしいとのこと。


式や結納はやらないけど

籍は12月になったらいれようと。




正直、不安はいっぱいあります。


考えたら夜も眠れなくなってしまうくらい。


自分の病気もあるし、お金のことだって心配です。



でも、彼となら乗り越えていける気がしているのです。



これからも2人で頑張ろうと、気持ちを一つにしました。




話し合いが終わったあと、私の両親に彼が帰ってきたことや、結納等をキャンセルしたことを伝えようと思い、電話をしたのですが、


父から一言、

「今は話したくないし、会いたくない」と言われました。



とてもショックでした。



こんなにも私は両親を傷つけてしまったんだなあと思いました。




彼に伝えると、

「今はそっとしておこう。焦ると余計に悪くなる」と言われました。



確かにそうです。



人の気持ちをめちゃくちゃにしてしまったんだから、そう言われても仕方がないのです。



辛くて泣いてしまいましたが、

切り替えていかなければな、と思いました。


しばらくして、落ち着いてから会いに行って謝ろうと思います。



強くならなくちゃ。



今日はまだ気持ちが重いし、

豆乳も忘れて来てしまった…。



お薬の力でどうにか持ち直さないと。




いつまでたっても親に心配かけて、親離れできない私。



変わろう。今日から、今から。