ギズモの失恋日記

私が彼と別れて、立ち直るまでの記録です。

人間関係について思ったことメモ。

おはようございます!ギズモです。

風邪もすっかり良くなった今日。

筋トレもしっかりして家を出ました。

3日もサボるとやっぱキツイですね…



昨日から今朝にかけてふと思ったことをメモ。


最近ツイッターで見た漫画で納得させられるものがありました。


それは、さわぐち けいすけさんのもので、


簡単に言うと、「夫婦喧嘩しない秘訣は、妻は他人だと思うこと」というものです。



確かに、私はこれが苦手だなとおもいました。


私は恋人との仲が親密になればなるほど家族みたいに思えてきて、

勝手に「私の気持ちなら言わなくてもなんでもわかるだろー!」というふうに考えてしまいます。


本当に悪い癖なのですが、

相手がなんでも自分の思い通りに動いてくれるような錯覚に陥るんです。



そしてそれを叶えてもらえなかったら爆発。


自殺未遂をしたり、大声で喚いたり、泣き叫んだり…



こう文字に書き出しても恥ずかしいです。



なんでただ一緒に住んでいるだけの他人をここまで自分のものだと思い込んだのか、自分でもわかりません。



どんなに一緒にいても、好き同士でも、他人なんですよね。


お互い意思があるし、やりたいことや傷つくポイントも違う。


それなのに私は自分の思い通りにしたくてもがいてたんです。



昨日も今朝も喧嘩には至らなかったけど、気まずい雰囲気になりました。


彼の嫌がるポイントを突いてしまったり、彼が私の思い通りにならなかったりで。



彼が私と同じタイミングで心が切り替わるとも限らないのに、どうにかこのモヤモヤをなくそうと働きかけたり。


正直、無駄ですよね。



なんとなくわかるのは、

お互いの嫌なポイントを突いてしまったら、当たらず触らず、そっと距離を置くのが一番ということ。




相手を無視はしないけど、そっと会話を終わらせてもうその話題に触れない方がいいです。



私たちの場合はそういう時に話し合いはできません。


話し合いのつもりでも、結局は「言い合い」になってしまいます。


自分の意見が正しい!という主張をし合うだけです。


すると相手を受け入れる準備もないため、一番いい案を見つけることが話の終着ではなく、どちらかが折れるのを待つことになります。



目的はそうじゃないのに、相手を言い負かすことに注力してしまうのです。



少しでも不穏な雰囲気を感じ取ったらさっと離れて、触れないこと!


どうしても話し合わなければ前に進めないような問題だったら、何日か置いてからお互いの気持ちが落ち着いてるときに話すとか。



そして、相手の趣味嗜好に関わることは大抵変えることはできないので受け入れるしかないということ。



相手の服装とか、好きなもの、タバコ、お酒なんかって趣味が違えば理解しがたいもの。


例え恋人同士でも同じものが好きとは限りません。



私たちは同じ部分もあるけど、違う部分もたくさんあります。



そういうときに「私の彼氏なんだから、こうじゃなくちゃ嫌!」と思うのは無駄無駄無駄無駄!無駄!



他人ですよ、他人。



自分だって自分の趣味を他人にあーだこーだ言われたら嫌なはず。


本当は私の毎日の服装だって、髪型だって、彼は気に入らないのかも。


だけど私の好みを尊重して、言わないだけなのかも。


そう思えば私だって受け入れるしかない。



どうしても嫌、見るのも嫌、だったら付き合わなければいい話だし。


それを上回るくらい好きだから一緒にいるわけで。



他人と一緒にいるということはきっとそういうことです。



結婚しても他人は他人。

これは自分にもし子供ができて、その子供に対しても言えると思います。


たとえ自分が産んだ子供だとしても、一人の人間だから他人みたいな気持ちでいろいろ受け入れなきゃいけない。



血が繋がってるからって、自分の想いが全部伝わるわけじゃないし。



自分の全然思いもよらない方向に行く可能性もあると、想定してなきゃいけないとおもいました。





長くなりましたが、要するに

他人と生活してる意識を持ち続けなきゃ人間関係は上手くいかないのかも、というメモでした。



よし、気持ち切り替えるぞ。


働け私!