ギズモの失恋日記

私が彼と別れて、立ち直るまでの記録です。

失恋42日目 交通事故のようなもの

おはようございます。ギズモです。

昨日泣きすぎて目が腫れていて、コンタクト入れるのが難しかったです。

私は目が大きい方なのに…!



それはいいとして、昨日の夜何があったかというと、元カレからメールが来たんです。


郵便物が届いて迷惑していると、いい加減住所変更してください、というのとともにあちらの家庭環境(状況?)について書かれていました。



役所での住所変更は済んでいるし、郵便局の転送届けも出しているのですが、選挙権が届いてしまったそうで…



私の名前を見てイラっとしたんでしょうね。


とりあえず、選挙権だけは取りに行きました。


住所変更済んでいることも伝えました。


あっちは何も言葉を発さず、頷くだけ。



それでよかったと思いました。


何か言われたら傷つくし、私に力になれることは何もない。


他人ですから。



でも、着信拒否、ラインのブロックをあちらの方からしておいて、急に連絡をよこすのは、防ぎようのない交通事故のようなものですよね。



完全に横からぶつけられた感じします。




私は忘れて、彼のことを恨みもせず、心配は多少していたけど、出しゃばらず、大人しく暮らしていただけなのに。




悔しくて、悲しくて、怖くて、涙が出ました。



帰って来て泣いていると父と母からメソメソするなと叱られたし、もう最悪でした。



あと少しで好きな人に、助けてーと連絡するところでしたが、嫌われるのが嫌だったので、しませんでした。



こんなことで頼られても、気にするなとしか言いようがないもんね。


困るよ、あっちも。



また泣いてしまったことに罪悪感。



メソメソしてしまったことを否定されて苦しい。


家族の心配が痛い。



私を自由にしてくれ〜。



欲しい言葉だけをくれる人がいたらいいのに。



そんな都合のいいことばかりを考えてしまいます。




とりあえず、朝は遅めに起きて、薬飲んで出勤しています。



よかった、前の私だったら休んでいたはず。



今日は深夜にバンドの練習もあるし、気合い入れなければ〜!



はあ、頑張ろう。

いつか頑張らなくてもいいよって言ってくれる人に巡り会いたいけど。



今はとりあえず、頑張り続けよう。


もう交通事故は嫌です。