ギズモの失恋日記

私が彼と別れて、立ち直るまでの記録です。

リュウグウノツカイを観た!〜少女たちの野望〜

 こんばんは!ギズモです。

先ほどGYAO!の無料動画で「リュウグウノツカイ」を観ました。

60分ほどの短い映画なのですが、面白い題材を使っているので、以前から興味がありました。

実際にあった「集団妊娠事件」を元にしているそうです。

 

 

 あらすじはこう。

廃れた漁村に住む女子高生たちは毎日ワイワイと過ごしています。

だけどそれぞれ家庭の事情を抱えていて、こんな村にうんざりしている様子。

そんな中、東京で女優をやっていた同級生の一人が妊娠して帰ってきたことをきっかけに、みんなで妊娠することを計画します。

彼女たちは誰彼構わず子作りをし、なんとか妊娠することに。

「私たちの国を作ろうよ。」そう言った彼女たちの未来は...。

 

 

  彼女たちの家庭は本当に悲惨なものなのですが、学校ではそんなことを見せないように明るく振舞う姿が印象的でした。

友達のことを思いやっていたり、時にはぶつかったり。

 

「妊娠」という重いテーマを明るく無邪気に見せていて、最後までスカッと見れました。

彼女たちの大人を舐めきった態度、最高!笑

 

赤ちゃんを作ることで、自分を愛してくれて愛情を注げる家庭を作りたかったのかな。

 

 

出ている女優さんの演技もとても上手で、引き込まれました。

 

私もこんな女子高生だったのだろうか。

 

こんなに無邪気でいれただろうかと思わせられました。

 

 

彼女たちのいいところは、本当に自分たちで子供を作って育てようとしているところ。

 

普通だったら男の人に頼って、とか考えそうなところを、自分たちで責任を取る!と言わんばかりの計画力。

まあ浅はかではあるんだけど。

 

 

映画を観たタレントさんが(カラテカの矢部さん?)

「こんな時代が来たら恐ろしい」

と言っていたそうですが、本当にそうですよね!

でも、女性にとってはいいのかも。

 

 

自分の意思で家族を作る、女同士で助け合って生きる、それもいいのかも。

 

 

 

なーんて、考えてしまいました。

 

 

この映画、好きです!

 

 

ぜひ、この機会に観てみてください!

 

 

以上、リュウグウノツカイのレビューでした。