ジェットコースターロマンス

情緒不安定性人格障害の私の日々の記録

薬を減らしたい。強くなりたい。普通になりたい。

 こんにちは、ギズモです。

昨日は彼とバスに乗ってデートしてきました。

普段は必ずどちらかが車を運転しているので、とても新鮮でした。

お酒も飲めたし、おいしいものもたくさん食べれたし満足です◎

また来週も行きたいなあ。次は温泉!

 

***

 今朝、いつもの精神科の病院に行ってきました。

本来の診察日は来月なのですが、相談したいことがあって行きました。

 

 薬を減らしたいという相談です。

私は現在、朝と夕にロナセン1錠と副作用止めを2錠飲んでいます。(女性ホルモンを整える薬と眼球上転を抑える薬)

 

1錠の安定剤に対し2錠も副作用止めを飲むのは多い気がするし、これから妊娠する身体を作っていくためにも(結婚の予定はないですがw)

薬を減らすべきではないかと先生に伝えました。

 

また、休職中の今が薬の調整をするのにいい時期じゃないかと思いました。

 

 

先生はあまり賛成はしてくれませんでしたが、私の意志を受け入れてくれて来月から徐々に減らしてくれると言ってくれました。

 

前に、ムキになって突然薬を飲むのをやめて病院に運ばれてきたからでしょうが...。

 

 

今回はそんなことをせず、先生の指導の基、きちんと減薬していきたいと思います。

 

 

 先生は、「この減薬のプランを伝えたいからお兄さんを連れてきて。」と言いました。

 

 

私は以前兄と一緒に診察を受けていました。

 

半年くらい前まででしょうか。

 

 

だけど最近は一人で通うようになっています。

 

 

帰ってそのことを兄に伝えましたが、兄は「もう病院には行きたくない。」と言いました。

 

私がパニックを起こして泣き叫んだり、道路に飛び出したりするからです。

 

 

確かに兄といると刺激されて私の感情が乱れてしまうことが度々あります。

 

 

兄の返事を聞いた時はショックでした。

見放されたような気がして。

 

だけど、深呼吸して気持ちを落ち着け、気分転換にお昼寝をしてみたら少し考えは変わりました。

 

 

私ももう26歳で立派な大人だし、いつまでも兄弟に頼るのは良くない気がします。

 

 

普段家でほとんど会話をしない兄についてきてもらっても、私の気持ちなんて兄にはわからないし、余計に荒ぶる可能性があるので一人で責任を持って診察を受けた方がお互いのためにいいと思いました。

 

 

 

 先生に兄が病院に来ないことを伝えると

「では、減薬するということを家族に話しておいてね。」とだけ言われました。

 

 

家族は私の病気に関しては無関心を装っているので、話すことの意味はあまりないけれど、タイミングを見て話してみようと思います。

 

 

 これからは不安になったときに飲む頓服のランドセンも減らすように心がけます。

 

何か辛いことがあると、すぐに薬に頼ってしまうことは身体に負担をかけてしまうのかな...?

 

 

今日もランドセンを飲みたかったけど、ぐっとこらえて我慢しました。

 

 

深呼吸して気持ちを穏やかにすることを意識して、人が言った言葉の裏を読んだり、ダイレクトに受けとったりしないようにしなければなりません。

 

 

しんどいときは「考えない」ことも大事なのではないかなあと思います。

 

 

本を読んだり、音楽を聴いたり、写真や絵を見たり。

 

現実逃避も大事だと思うのです。

 

 

あとは、一人で泣いたり。

 

 

私は情けないもので、一人で泣くことが苦手です。

誰かが一緒にいて話を聞いてくれると泣けるのですが、一人でいるときは涙が出なくて喉がつっかえた感じになって苦しくなります。

(会社のトイレでは泣いていましたが...本当迷惑だ。)

 

本当は誰にも迷惑かけず、自分の部屋で思いっきりなければ気持ちもすっきりとし、落ち着くのに、と思います。

 

 

今日はdir en greyのベストを聴きながら、少しではありますが泣くことができました。

(こんな気持ちのときはダークな音楽が聴きたくなる。京さん、ありがとう。)

 

 

 

 休む時間を手に入れた今、自分と向き合い、時には向き合いすぎず、

少しでも病気が良くなればと思います。

 

 

 

同じようにパーソナリティ障害で悩んでいる人や、休職している人たち、

頑張ろうね。

 

 

自分の人生だから、大切にしなきゃね。

 

 

 

それでは、また!