ジェットコースターロマンス

情緒不安定性人格障害の私の日々の記録

年齢で人を判断するの、よくない!

こんばんは、ギズモです。

もう日付をまたいでしまいましたが、今朝は早起きして病院に行ってきました。

2ヶ月ほど前からずっと痛かった腰のMRIを撮るために。

すごく人がいっぱいいて、2時間半くらい待たされました。

診察も5分くらいで終わって、結局予約を入れただけなんですけど。

診てくれた先生はお若くてかっこいい人で、何度も「待たせてごめんね〜。」と言ってくれて、心が和みました。

しかも、地元の整形外科で撮った私の腰のレントゲン写真を見ながら、

「とっても綺麗ですよ〜!」と2回も言ってくれたので、なんだかときめいてしまいました。

イケメン、優しい、医者。

この人の奥さんは幸せだろうな...と思ってしまったのでした。

 

***

 明日は久々に彼氏とデートです。

喧嘩した後に初めて会うので少し緊張しています。

もう怒らせたり嫌な気持ちにさせたくないよう!!

付き合った当初みたいに慎ましい気持ちをもち、優しく楽しく接します!

 

 デートプランは

陶器市に行く→お茶する→古着屋に行く

です。

彼が最近焼きものにハマっているのと、私たち二人とも古着がとても好きなので楽しみです。

冬服最近買ってないしなあ〜デニム欲しいんだよなあ。

節約中だけど買ってもいいかな...なんてことを考えていますが、ちょっと不安なことがあって。

 

明日行く古着屋さんで、昔お世話になった別の古着屋の元店長が絵の展示をやっているそうなのです。

その元店長をAさんとします。

Aさんは私の家の近所で昔古着屋を営んでいました。

私よりは10歳以上年上の男性でしたが、とても気さくな方で私はAさんとすぐに仲良くなりました。

当時の私は15歳。高校1年生でした。

Aさんはファッションやいろいろな音楽のことをすごく教えてくれました。

ブランキーとかミッシェルとかゆらゆら帝国とか...。

同じような趣味の私より年上のお友達もよく紹介してくれました。

「Aさんファミリー」みたいなことを言って、お店に集まってはおしゃべりしたり、写真を撮ったりして、よく遊んでいました。

その中の何人かとは今もつながりがあって、一緒に飲んだりする仲です。

Aさんは可愛い年下の女の子が好きで、よくいろんな子を可愛がっていました。

Aさんには奥さんがいたけど、奥さんはサバサバしてあまりそういうのを気にしない人なので、Aさんのお店にはいつも女の子のお客さんばかりいる印象でした。

私もAさんにちやほやされていた人の一人なのだけれど、Aさんがあまり可愛くない子や年上の人や男性客とはあまり話をしないことに気づいていて、

「なんだかなあ〜。」と思ったことがあります。

当時の私の彼氏をお店に連れていって仲良くなったこともあったけど、それはAさん好みのナヨナヨした感じの男の子だったからでしょう。

Aさん自体男らしくないというか、女性と話してるときの方が楽しい!みたいな。

自分が上に立てる男としか仲良くなれないっていうか。

Aさんはけっこう情緒不安定な人でした。

人の噂話が好きで、人の秘密をすぐバラしちゃうようなこともありました。

だんだんお店やりたくないーって言ったりすることが増えて、徐々にお店も開かなくなって、しばらくすると本当にお店を閉めてしまいました。

私はAさんのお店の商品が好きだったので、単純に「買い物するとこ無くなったなー」と思いましたが、そんなに寂しくはなかったです。

お店に行くたびにAさんのご機嫌とるのに疲れてたし。

 

 それからAさんと会うことも無くなったのですが、たまたまインスタを見つけて久しぶり〜って感じでラインを送ったら

「ギズモちゃん、いくつになった?25歳?もうおばさんじゃん!」って返事がきました。

 

「いやいや、私がおばさんだったらAさんおじいちゃんじゃないですかw」って負けじと返したんですが、

 

「俺はいつまでもお兄さんだよ!」って来て...。

 

 

ちょっと、本気でしんどい。

 

 

なんですかね、女性の若さにしか価値を見出せない人。

ジョークのつもりで言ったのかもしれないけど、人を不快にするジョークはやめてもらいたい!!

 

 

この人は私の中身を気に入ってくれたわけではなく、ただ「若い子と話が合う俺」を楽しんでだけなんだなーって思っちゃいました。

 

Aさんには本当にお世話になったと思っています。

自分の趣味に影響を与えてくれて、友達も増やしてくれて。

だけど、あの言葉は堪えたなあ...。

 

 

私はあんまり年をとることに嫌な感じはないんですよ。

それはまだ私が「若い」って言われる年齢だからかもしれないけど。

もうすぐ27歳になるけど、単純に「誕生日!イェイ!!」って気持ちだし、

「なんか色気とか出てくる頃とちゃう?」って思っちゃったりもします。

私は昔から年上の素敵なお友達が多いから、30なったらあんな感じなりたいな〜40なったらああいうファッション挑戦してみよ、とか憧れの人を追いかける気持ちでいます。

年下の若い子を見て、その可能性の多さに、いいな〜と思うことはありますが、でも私も人生まだまだあるしって感じです。

 

 なかなか人に対してけなす意味で「おばさん」っていう人いないけど、本当にそれはよくないことだと思います。

気にすることもないんだけどね。

 

 だから明日Aさんに会ったときに再び年齢のこと言われたら〜...。

なんか言い返しちゃいそうですねw 

彼氏もいるので変な雰囲気にはしたくないですが!

 

 Aさんが早く年齢の呪縛から溶けていることを願います!

根は芸術を愛するすごくいい人なんだから!

また昔みたいに楽しい話(音楽やファッションなどの)ができたらいいです。

 

 

 私は誕生日が来て27歳になるのをワクワクして待っています。

26歳の私も楽しんで過ごそう!

 

 

それでは、また!