ジェットコースターロマンス

情緒不安定性人格障害の私の日々の記録

誰か助けて

 こんにちは、ギズモです。

今日は10時から病院でしたが、雨で渋滞していたので少し遅れました。

それでもちゃんと到着できたのでよかったです。(当たり前か)

 

今日の内容は自分でも書いてて辛くなることを予想しているのですが、

自分が忘れないためにも書いておきます。

 

 

 まずカウンセリングで最近死にたくなったときのことを話しました。

彼のことが好きすぎて、少しでも私のことを思い出して欲しくて、私が死んだら一瞬でも思い出してくれるのではないかということ。

彼と復縁できないのであれば死にたいということ。

 

カウンセラーの先生は優しく聞いてくれました。

先生は、「ギズモさんは今までよく頑張ってきた。彼との距離も保って、良い関係を築けるように努力してきた。それを壊して良いの?」と言っていました。

 

私の中では、人は好きか嫌いかしかない。

彼が私のことを好きじゃないってことは死んでも良いと思っている、むしろ私に死んでほしいと思っていると思う。という考えです。

 

だから彼のために死んでやるんだと言い張りました。

 

先生は、「そんなはずはない。彼の中にもたくさんの感情があるはずだよ。今はタイミングじゃないだけだよ。私の知っている人の中に、3回離婚と復縁を繰り返した人がいる。それくらい、復縁する人っていうのは何度でもするんだよ。それはちゃんとしたタイミングをつかむのが大事なの。」と言っていました。

 

 

確かに、占い師の先輩にも「今はそのタイミングじゃない」って言われたしなあと思い、先輩がしてくれた話をしました。

 

 

そしたら、「まさにその通りだよ。ギズモさんは全然つまらない人間でもないし、素敵な個性的な人間だから、自分のことをもっと評価して、今まで頑張ったことを認めて、全てをぶち壊そうと思わないで。」と言われました。

 

私はずっと泣きながら話をしていました。

 

 

私だって本当はもっと前向きに考えたい。

だけど全てを壊したくなるの。

毎日頑張ってるんだよ。

 

 

ああ、漢字の変換もうまくいかなくなって、