ジェットコースターロマンス

情緒不安定性人格障害の私の日々の記録

機嫌よく、体調よく過ごす秘訣 セブンルール風

 こんにちは、ギズモです。

今日は自分の取り扱い説明書メモとして残そうと思います。

 

最近無理しすぎて、プツッと倒れてしまうことがあったので。

そうならないためにも日頃から気をつけておくことを以下にまとめます。

 

 

1.睡眠時間は絶対に6~7時間は確保する。

 連続で取らなくても、細切れ睡眠でもいいのでトータルで6~7時間は寝ることが大事です。睡眠不足だとどうしてもイライラしたり、パフォーマンスが悪くなります。

イベントとかが続くとどうしても寝る時間が遅くなってしまいますが、できるだけ早めに帰宅してメイク落として歯を磨いて、それだけやってとりあえず寝ること!

なかなか寝付けなかったら眠剤飲むこと。

または、夜からイベントや練習があってどうしても寝るの遅くなるのが予想できたら、昼のうちに睡眠をとっておく。

昼間仕事だったら休憩時間に睡眠を15~20分とるだけでもいいかもしれません。

だけど寝すぎは余計に身体がだるくなったりするので、それも気をつけなければいけません。

 

2.食事は適度に摂る。

 食べなさすぎも食べ過ぎもよくない!

私は朝は食べない派なのですが(ただ時間無いだけ)、昼はおにぎりを2個食べています。この量だとちょうど夜にはお腹が空くくらいなので、夕ご飯を美味しく食べられます。

夜も今は炭水化物も食べています。

食べすぎると身体が重くなるし、頭がぼーっとしてしまうのでちょうどいい分量を知ることが大事だなと思っています。

 

3.次の日が仕事のときは、お酒をセーブする。

 前職のときはガンガンお酒飲んでいました。

でもそれは前職の開始時刻が10時からと遅かったからで、今は8時半スタートで毎日6時半起きと早いから気をつけなければいけません。

職場の飲み会などはどうしても次の日が仕事でも開催されることがあります。

そのときは1,2杯で止めて、ソフトドリンクを飲むなどしてセーブしないと次の日がダル重になってしまいます。

たまにやるせなくて一人でも飲みたくなる時があります。

そんなときは家で缶ビールを飲むか、早い時間(6時とか7時とか)からやっているバーで1、2杯飲むとか。

それでバスで帰ってくれば無問題!

ノンアルコールカクテルでおしゃれで美味しいものを頼んで満足するのもいいかもしれません。

お酒好きな私なりのやり方です。

 

4.死にたくなる前に人に話す。

 私は自分の意見をあまり言えないので、溜め込んでしまうことがよくあります。

そんなときは本当に「死にたい死にたい死にたい」ってなってしまうのですが、実際に自殺未遂をする前にこまめに吐き出さないと大変です。

「人に話すと迷惑がられるんじゃないか。」と思うこともありますが、死んでしまったり自殺未遂する方がよっぽど周囲に迷惑がかかると思うので、ここは勇気を持って人の甘えます。

それは家族だと一番いいです。

やっぱり一番近い存在だし、親ですから多少のわがままは許してくれます。

嫌われることもないですし、私のことをよくわかっているのでいいアドバイスをくれたり褒めてくれたりもしてくれます。

ただ、家族の中でも誰に話すかは見定めないといけません。

うちの場合で言えば、父親だけにはなんでも話せます。

仕事の話や友人関係の話、恋愛の話もできます。

だけど母や兄は結構きつい性格なので、返ってきた言葉で余計に傷ついたりしてしまうことがあるので、話さない方がいいです。

 

我ながら理解ある父親がいてよかったと思います。

たまに父親と話す時間がない、友人に聞いてほしい話があるときはタイミングをみて大学時代の友人に電話したり飲みに行ったりして聞いてもらいます。

同級生の友人はとても人間として素晴らしい人で、私の意見を否定することなく優しく聞いてくれます。

いつも「聞くことしかできないけどね〜。」といいますが、それが私を本当に支えてくれているのです。

大事にしていかないといけないし、いつかは私が支えられるようになりたいと思っています。

 

5.お風呂は夜に入る。

 本当にだらしない話なのですが、くたくたになって夜はメイク落として歯を磨くだけで布団にダイブしてしまうことが多々あります...。(一応部屋着に着替えています)

朝早起きしてシャワーを浴びるのですが、バタバタして遅刻ギリギリになってしまいます。

ヘアケア、スキンケア、ボディケアも満足にできないし、いいことないです。

夜にお風呂に入ればそれらはしっかりできるし、寝つきもよくなるし。

朝はゆったり準備した方がストレスフリーなので、夜頑張る方向でいきたいと思います。

 

6.「本当に無理」と思ったら仕事を休む

 仕事を休むのは罪悪感にかられてしまいますが、また入院するよりは1本電話かけて「体調悪いので休みます。」と言った方がマシです。

朝無理して出勤してから早退する方が周囲に心配かけちゃうし、丸一日休んだ方がみんなあまり気にしない気がします。

休みの多い職場なので休まない方がいいに決まっているのですが、ちゃんと年休も与えられているので、それを使える分は使ってしまってリフレッシュしましょう!

 

7.オシャレを楽しむ

 機嫌の悪いときほど、お気にいりの服を着てバッチリメイクをした方がいいです。

「これを着ると気分が上がる!」っていう服とメイクのパターンを用意しておくことが大事です。

仕事着は幅が狭いけど、できる限り好きなものを着て行くようにしています。

これからの季節は重ね着もできるので、余計におしゃれが楽しめます。

私服の場合は、お気にいりのワンピースを何着か持っていると楽です。

一枚でキマるので考える手間が省けます。

私は普段メガネで、遊びに行く時だけコンタクトにしているのですが、テンションをあげるためにコンタクトにすることもあります。

メガネかけていない自分の顔の方が好きだし、メイクが映えるので。

おしゃれは私の中で非常に大事なものです。

女性でも男性でも自分の好きな格好することは、自分を好きになることにつながる気がします!

 

 

以上が私のセブンルールです!

 

 

長くなりましたが、辛くなったときはこれを見て自分をしっかり正して行こうと思います!

 

みなさんのセブンルールもあったら教えてください。

 

それでは、また!